千葉の家族葬まとめサイト

TOP > 千葉での家族葬について > 家族葬の特徴とメリット

家族葬の特徴とメリット

 葬儀といえば、一昔前は一般葬が主流であり、多くの参列者がいることが大半でした。しかし時代の流れとともに葬儀に対する考え方にも変化があり、近年では小規模な葬儀を好む人が増えてきています。特に、都心部では葬儀は大々的にはしたくないという人が多かったり、地方からの出身で身近
 に参列者があまりいないので、大規模な葬儀をする必要がないと考えている人が多いのではないでしょうか。
 千葉県にも葬儀業者は数多く存在しており、近年では家族葬や直葬といった小規模な葬儀をメインとして扱っている業者も多くなってきています。
 その中でも人気のある葬儀のスタイルが家族葬です。家族のみしか参列できないというわけではなく、身近で本当に故人と親しかった人を呼ぶ事もできます。


 参列者が少ない分、気を使う必要がなく精神的な負担が少なくて済み、規模も小さくて良いので葬儀に必要となる費用も抑えることができるというのが特徴となっています。
 最も安価な費用で執り行いたいという場合には、直葬という方法もありますが直葬となれば別れを惜しんだりする時間もあまりなく、遺族としては心苦しいと感じるのではないでしょうか。
 葬儀の規模が小さくなってきているとはいっても、直葬を選択する人はまだそう多くはないのが今の日本の現状であり、今後も直葬よりは家族葬を選択する人が増えていくということは確かといえます。
 メリットが多いという印象が強いですが、執り行う際には注意しておかなくてはならないこともあります。


 注意点としてまずあげられるのが、葬儀業者選びです。全国展開している大規模な業者もあれば、地域密着型の業者もあります。
 葬儀を執り行う立場となることは、そう頻繁にあることではないのでどこの業者が良いのかで悩み、その結果大規模な業者を選ぶという選択をする人が多いです。
 しかし、業者によって得意としている葬儀のスタイルには違いがあります。大規模なスタイルが得意な業者に、家族だけで執り行うような規模の葬儀の依頼をしてもスムーズに進行していかない可能性もあります。
 どのような規模にしたいのかということは、業者を選ぶ前にしっかりと考えた上でどの業者が適しているのかを比較してから決めるようにしておくべきではないでしょうか。
 規模が小さいので費用も安くて済むことは確かですが、業者によって必要となるトータル費用にも必ず違いはあるので見積もりを取る際には、本当に全てを合わせた金額かという事も確認しておきましょう。

次の記事へ